プログCLUB

Programming and Robot production Team

Month: September 2020

【感謝】目標10%到達

現在、クラウドファンディングに挑戦中なのですが、皆様の温かいご支援のおかげで開始1週間で目標金額の10%に到達させて頂きました! 本当に感謝の気持ちで一杯です。 正直なところゼロという可能性も考えて不安でいっぱいだったので、この結果は驚きとともに感激しております。  今回のクラウドファンディングは[All-In]方式なので、仮に目標金額に達しなかった場合でも集まったご支援の範囲内で子ども達の挑戦に還元していこうという気持ちで計画をしました。 ですので、ロボコンに出場するためのキット調達やメンバーを教育するための部品購入など、資金的にはまだ足りていないのが現状ですが、これでできることが増えていくことは間違いありません。  ご支援を賜りありがとうございました!  まだ終了まで30日ほどありますので、引き続き新規メンバーの募集と共に、ご支援を集められるように努力をして参ります。  引き続き温かく見守って頂けましたら幸いです。 プログCLUBのクラウドファンディングページはこちらです。

カメ型ロボットをローバータイプに

先日、近藤科学さんのKXRシリーズでカメ型ロボットの制作を行なったのですが、マニュアルの中にローバー型(足ではなく車輪で走行するタイプ)の制作方法も記載されていたので、やらずにそのままにするのももったいないということでやってみました。左が4足歩行型(before)、右がローバー型(after) 一気にカメ感が薄まっていくと思ったのですが、意外と可愛らしさは残った印象です。実際に動かすとこんな感じです。 移動する方向に顔を向けるなど、愛嬌のある感じがなかなか可愛らしいです。 このKXRシリーズはパーツを組み替えて様々な工夫ができるのが魅力です。マニュアルにないオリジナルのロボットを製作することが可能なので、独自にレギュレーションを設定したロボコンを開催するなどにも対応が可能な優れものです。 プログラミングについて自力でマスターするのは少々難しいかな、とは思いますが、部品から制作する完全オリジナルのロボット制作にいく前のステップではとても良いと感じているのでお勧めです。 プログCLUBではロボット制作の基礎的なワークショップをこの近藤科学さんのKXRシリーズを用いて行ないます。また改めて別の形に変えたものをご紹介しますね。

二足歩行ロボットでキック

メンバーが制作している二足歩行ロボットのトリム調整が一通り完了し、歩行も安定感が出てきました。次は4.5メートル走のタイムを縮めるためのプログラミングに取り掛かる予定です。 なお、この動画はサンプルプログラムの中にサッカーのシュートモーションが入っているので、その動きを撮影したものです。片足でバランスを取りながらキックをするので、バランスが難しく、調整作業をして安定した動作になるとホッとします。 まだ実際にサッカーの試合をやったりした経験はないので、実用性は未知数ですが、近いうちにロボットサッカー大会などやれたら良いなと思います。

【Scratch】プログラミング-001

Scratchで野球ゲームを作ろう! Scratch3.0を使ったプログラミングの例を定期的に公開していこうと思います。プログラミングは真似をして完成したら終わりではなく、改造したり、不具合が起こったりした時に、数多くのトライ&エラーを繰り返していき、その中で鍛えられる資質能力の向上にこそ価値があります。ぜひ、自分なりのアレンジを加えて改造をしてみて下さい。 プログラムはこちらの記事に掲載していますhttps://newscast.jp/news/2906745

ロボット制作チームの体験会を実施

普通の学生がロボコンを目指すチームを創設 ロボコンを目指したい!けれど・・・ どうやってチャレンジしたら良いか分からない。知識や技術をどのように学ぶか分からない。ロボットの開発方法が分からない。ロボコンに出場するロボットを製作する費用なんて出せない。 など、普通の学生にはいくつものハードルがあります。 ですが、ロボコンを目指してチャレンジをするということを通じて学ぶことはとても大きく、ハードルがたくさんあるからこそ、それを支えてあげながら一つ一つ乗り越えていく経験をしていくことでロボットを作ること以上に得られるものがあると信じています。 ですから、普通の学生がロボコンを目指せるチームを創設しました。 体験会を実施します ただ、チームは創設したばかりですので、メンバーも少ないです。未経験の方も大歓迎。皆で学びながら、楽しく成長していきましょう。 そこで体験会を開催します。活動の一部を30分間体験して頂く企画です。 いずれも東京都江東区豊洲にあります豊洲文化センターの研修室で開催します。また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点で、不特定多数の方がお越しになってしまうことや、密を避けるためにも、事前予約制で、同時間帯に最大4名までの制限を設けさせて頂きます。 日程と会場は以下の通りです。 10月4日(日)豊洲文化センター8F第5研修室A:9:30~10:00B:10:15~10:45C:11:00~11:30 10月17日(土)豊洲文化センター8F第5研修室D:18:30~19:00E:19:15~19:45F:20:00~20:30 10月18日(日)豊洲文化センター8F第1研修室G:18:30~19:00H:19:15~19:45I:20:00~20:30 上記のいずれかの時間帯をお選び下さい。 実施予定のプログラムは・対戦ロボットバトル・ロボティクスプログラミング体験・ロボット制作体験以上の3つの内容を10分間ずつ体験して頂き、対戦、プログラミング、制作のイメージをつかんで頂けたらという内容になっています。 参加費用は無料です 対象は小学生~高校生まで→ロボット制作はドライバーを使ったネジを締める作業があります。→ロボティクスプログラミングはScratchのようなツールを使用します。 ただし、高校生の場合は別のプログラミングツールも用意します。→小学生の場合、ドライバーでネジを締められること、キーボード操作が苦にならないことが条件になります。 参加ご希望の方はホームページからお問い合わせ下さい。 https://newscast.jp/news/8379671

カメ型ロボット制作

近藤科学さんのKXRシリーズのセットでカメ型ロボットを製作しました。 とりあえず、4本足で歩行するという姿を見ることができましたので、歩行時の足の動作のサンプルプログラミングを分析して、4本足のオリジナルロボットを製作したときのプログラム作成の際に役立てたいと思います。  このロボットは足が短いので、足を長くすると勝手が違ってきそうなので、少し長くした状態で検証をしてみたいと思います。

クラウドファンディングに挑戦します

【ご支援お願い致します!】 ■クラウドファンディング概要 【期間】2020年9月16日(水)~10月20日(火)【リターン品】マグカップ、キーホルダー、Tシャツ、ラッセルキャップ、パーカーなど【URL】 https://camp-fire.jp/projects/view/323330 ■成功したら入会金を無くします 現在は設備投資、入会時のグッズ費用などのために入会金を入会時のみ11,000円ほど頂戴しています。しかし、誰もがロボコンを目指せる場にするためには、この入会金を更に下げたいと考えていました。 もし、クラウドファンディングが目標金額に達するとすれば、こうした資金的な課題を解決していけると考え、もし目標金額に到達した暁には、入会金をゼロに致します! ■ロボット制作・トレーニングの環境を整備したい チーム活動を拡大し、メンバーを集めるためには、人数が増えてもロボット制作やトレーニングに耐えられる備品の整備が必要不可欠です。 ロボットの制作、ロボコンへのチャレンジなど、いずれにしてもロボット開発用の部品購入が必須となり、その費用が高額になるため、多くの場合にロボコンへの挑戦を諦めてしまいます。 一方で、世界を見渡すと、ロボコンへの挑戦のために資金をクラウドファンディングやスポンサー募集などを行なって集めるというのが一般的です。 私たちは、誰もがロボコンにチャレンジできる環境を作り、子ども達が夢中になって取り組んでいく中で、「より早く、より賢く、より効果的に」を目指して、自ら主体的にチーム運営にも関わる中で、ロボット制作だけではない多くの経験を重ねることを通じて人間としての大きな成長にもつながっていく、そんな教育の場を作りたいと考えています。 そのためにまずは子ども達が夢中になれる環境づくりをセットアップしていく、チームとしてのスタートダッシュをするための資金を集める必要があります。 ■ロボット制作だけで終わらない教育の一環として  FIRST Robotics Competitionという国際ロボコンでは、資金集め、広報活動、地域奉仕活動なども含めて評価の対象となります。コンテストに向けた準備以外の活動も重視されているのです。 ロボットを製作するだけで終わらない教育の一環としてのチーム活動を目指していくことがこのチーム運営の鍵だと考えていますので、資金集めについては、集まったメンバーで役割分担をして、計画を立てさせることも教育だと考えていますので、メンバーに任せるように変えていきます。 そのためにも、最初の一歩は背中を見せる意味でも何としてでも成果を挙げ、成功した事例を見せることで引き継いでいきたいと考えています。  そして、このクラウドファンディングの成否は、メンバーにチーム運営を任せていったとき、様々な活動においてどれだけの失敗を許容できるのか、ということが決定してしまう最も大切なポイントになります。  これは教育的な観点で見守ることができるゆとりのようなもので、メンバーの成長のためにも必要なポイントになると考えています。 ■ロボコンのロボット制作にかかる費用 実際にロボコンに出場するロボットを完全オリジナルで制作しようと思うと材料にもよりますが、少なくとも1体で20万円以上の費用がかかります。 LEGOを用いたものであっても10万円弱のキットを揃える必要があります。 そしてチームで話し合い、作戦を立て、制作し、実験を繰り返していくのですが、多くのメンバーが主体的に関われるようにするには、1セットあれば済むのではなく、それだけ多くのパーツや材料をそろえていなければいけません。 少しずつ設備を増やしていくことを想定していますが、ロボコン向けロボットはその時のロボコン専用の機体になるので、次のロボコンでは使えません。もちろん材料の再利用は行ないますが、次はまた新規に作り直さなければならない事実は変わりません。 そして、国際ロボコンにもなれば、出場するだけで申請費用5,000ドル以上、ロボットの輸送費、メンバーの渡航費なども含めると200万円以上の費用が必要となってしまう現実が大きな壁として立ちはだかっています。 結局、ここが諦める一番大きな要因とも言えるでしょう。 ■諦めずにチャレンジできる環境を 資金の壁が高いのは理解しています。でも、ここで諦めさせたくはない。その一心でチームを運営しています。  なぜなら、ロボットコンテストの活動を比較するだけでも分かりますが、日本の科学教育はこのままでは周回遅れ以上に突き放されてしまう危機感を感じているからです。  例えばFIRST Robotics Competitionでは、資金集め、広報活動、地域奉仕活動なども含めて評価の対象になっていると紹介しました。すでに高校生でメンバー自身が考え、行動し、そこまでのことをやっているのです。日本でそういう教育は行なわれているか、という点で考えても分かりますが、その差はテクノロジー以上に開いていると思います。  技術的にも、プログラミング教育は世界の中でも大きく遅れていると言われていますし、ロボコンに関してはアメリカだけでなく、中国の勢いがとても強く、RoboMasterなどの国際ロボコンも開催されて盛り上がってきています。 そのような中で日本において、ロボコンに興味を持った子ども達が、スタートラインにすら立つことなく諦めて去っていくのが当たり前の光景だとしたら、未来の日本から世界をリードするようなエンジニアが生まれることは絶望的ではないでしょうか。  だから何としてでも、諦めずにチャレンジできる環境を提供できるロボット制作チームを成立させたいのです。 ■皆さんのご支援が未来を創ります  このクラウドファンディングは未来のエンジニアを生み出すための私たちの挑戦です。ロゴのライオンは世界を飛び越えていこうとする未来のエンジニアを表現しています。  そんな未来を実現できるように、継続的にチームの運営をするため、できるだけのことをしてあげたいと思っています。  しかし、場所や人に関しては何とかできても、資金的な壁だけは多くの方々のご支援なしには乗り越えることができません。  皆さんのご支援が、未来のエンジニアを育て、日本の未来を明るくすることにつながると信じていますし、ご支援を活かせるように全力を尽くす所存です。  何卒ご支援のほどよろしくお願いします。…

体験会のご案内

ロボット制作チームとしての活動をご紹介しながら、実際に体験をして頂くイベントを下記の日程で行ないます。 はじめに プログCLUBは月3,750円で参加するロボット制作チームです。 営利を目的にしていませんので、安価でご参加頂けるように心掛けています。入会金についても初回に11,000円を頂戴いたしますが、それ以降は不要です。→備品拡充や集会時のグッズ費用として使います。 ただし、いわゆる習い事の教室ではありませんので、学業に支障のない範囲内ではありますが、ロボット制作以外にも役割分担をした上でチームの運営に関わって頂きます。 ロボットのキットなどを購入して頂く必要はありません。 活動で必要な備品は基本的にチームで揃えます。ご自宅でもやりたい、持ち帰りたい、という場合には個人でご購入頂くことも可能です。 体験会の時間は30分間に限らせて頂きます 通常は1回の活動で90分程度活動していますが、新型コロナウイルス感染予防の対策として、体験会については長時間の滞在を避け、1人30分間という時間制限の中で体験をして頂きます。 事前にお問い合わせの上、ご予約下さい。 参加者を事前に把握し、同時間帯4名までとさせて頂きますので、必ずご予約をお願い致します。 申込はお問い合わせページからお願い申し上げます。 【体験会日程】 体験会は現在自粛中です 個別にご相談下さい。 上記各日程ともに、30分単位で枠を設定していますので、ご予約を頂いた参加希望の方には来場時間をお知らせ致します。 ■内容・対戦ロボットバトル(約10分) ・ロボティクスプログラミング体験(約10分)  ・ロボット制作体験(約10分) 写真はKONDO科学のKXRシリーズを用いた制作です。 LEGOのマインドストームを使用する場合もございます。 体験時間は30分となります。 ■対象・小学生~高校生まで →ロボット制作はドライバーを使ったネジを締める作業があります。 →ロボティクスプログラミングはScratchのようなツールを使用します。 ■参加費用・無料 ■注意事項マスクの着用は必ず行なって頂きます。入室時に手指のアルコール消毒と体温の記入をお願い致します。必ず事前申込の上で指定された時間にご来場下さい。 会場:豊洲文化センター8F研修室(東京都江東区)

【数量限定】新規入会グッズ

プログCLUBの新規入会特典を追加することにしました。 新規入会時の基本セットとして、Tシャツ+タグ型キーホルダーまたはモバイルタッチペンをお渡しすることにしていますが、それに加えて「数量限定」で「オリジナルペンケース」を追加いたします。 新規入会グッズ + または ■追加するオリジナルペンケースのデザインはこんなイメージです。※プログCLUBのロボティクスプログラミングで使用しているGJS ROBOT社のGEIOをイメージ図として掲載していますが、変更になる可能性があります。 クラウドファンディングを実施するにあたって、リターン品としてグッズを準備する必要があったので、せっかくなら入会特典のグッズを充実させようということになりました。 ただし、何個制作するかはこれから検討しますが、どうしても数量限定になりますので、このペンケースについては無くなり次第、終了させて頂きます。 この機会にぜひ、ご入会をご検討ください!見学なども歓迎ですので、お気軽にお問い合わせください。※新型コロナウイルス感染防止対策のため、来場者の把握が必須となっておりますので、お手数ですが必ず事前にご連絡下さい。 【新規入会グッズの使用用途】・Tシャツはロボコン出場の際のユニフォームとして使用します。・タグ型キーホルダーはバッグなどにつけて、チームメンバーの荷物であることを分かりやすくするためのものです。・モバイルタッチペンはスマートフォンやタブレットを使う際にご活用下さい。

来場の際のガイドライン

ロボット制作、ロボティクスプログラミングは豊洲文化センター8階研修室で実施します。来場の際は以下のガイドラインに従って活動を行ないますのでご協力をお願い申し上げます。 【施設利用に際して】 ①万が一の際、感染経路特定のために利用者を登録する必要があります。  →事前にお名前と連絡先を届け出ることにご協力下さい。 →来場の前日までにご連絡下さい。  メール:progclub@moroedu.com②窓がある部屋については換気を行なって実施します。 →窓が無い部屋もございますので、その際は長時間の継続滞在を避けます。 【実施方法について】①全員にマスク着用を徹底します。②事前に手指のアルコール消毒を行ないます。③会員同士の近距離会話を避けるように心掛けます。④個別対応については密を避けつつ、配慮して対応を行ないます。⑤滞在人数を最小限に抑えるため、保護者の方の同席はご遠慮下さい。⑥終了後は速やかに解散できるようにご協力下さい。