プログCLUB

Programming and Robot production Team

ロボット制作関連

カメ型ロボットをローバータイプに

先日、近藤科学さんのKXRシリーズでカメ型ロボットの制作を行なったのですが、マニュアルの中にローバー型(足ではなく車輪で走行するタイプ)の制作方法も記載されていたので、やらずにそのままにするのももったいないということでやってみました。左が4足歩行型(before)、右がローバー型(after) 一気にカメ感が薄まっていくと思ったのですが、意外と可愛らしさは残った印象です。実際に動かすとこんな感じです。 移動する方向に顔を向けるなど、愛嬌のある感じがなかなか可愛らしいです。 このKXRシリーズはパーツを組み替えて様々な工夫ができるのが魅力です。マニュアルにないオリジナルのロボットを製作することが可能なので、独自にレギュレーションを設定したロボコンを開催するなどにも対応が可能な優れものです。 プログラミングについて自力でマスターするのは少々難しいかな、とは思いますが、部品から制作する完全オリジナルのロボット制作にいく前のステップではとても良いと感じているのでお勧めです。 プログCLUBではロボット制作の基礎的なワークショップをこの近藤科学さんのKXRシリーズを用いて行ないます。また改めて別の形に変えたものをご紹介しますね。

二足歩行ロボットでキック

メンバーが制作している二足歩行ロボットのトリム調整が一通り完了し、歩行も安定感が出てきました。次は4.5メートル走のタイムを縮めるためのプログラミングに取り掛かる予定です。 なお、この動画はサンプルプログラムの中にサッカーのシュートモーションが入っているので、その動きを撮影したものです。片足でバランスを取りながらキックをするので、バランスが難しく、調整作業をして安定した動作になるとホッとします。 まだ実際にサッカーの試合をやったりした経験はないので、実用性は未知数ですが、近いうちにロボットサッカー大会などやれたら良いなと思います。

カメ型ロボット制作

近藤科学さんのKXRシリーズのセットでカメ型ロボットを製作しました。 とりあえず、4本足で歩行するという姿を見ることができましたので、歩行時の足の動作のサンプルプログラミングを分析して、4本足のオリジナルロボットを製作したときのプログラム作成の際に役立てたいと思います。  このロボットは足が短いので、足を長くすると勝手が違ってきそうなので、少し長くした状態で検証をしてみたいと思います。

二足歩行ロボット完成

新型コロナウイルスの影響もあって、長く中断していたのですが、紆余曲折を経てようやく二足歩行ロボットが完成しました。 中学3年生の生徒が1人で製作して、新型コロナウイルスによる中断前にすでに一度完成していたものの、サーボモーターの不具合などを改善するための部品交換をしている最中に中断となってしまい、そのままになっていました。 7月から作業を再開して、修理を終え、バランス調整を行ない、動作を確認したところ、しっかり動かすことができたので、まずは良かったです。 ちなみに、腕に板がついているのは3Dプリンターで製作したもので、ROBO-ONE出場を目指していく際に繰り出す技のための仕掛けです。 今後は動作のプログラミングを行ないながら、外観や追加のパーツ制作などを行ない、大会出場を目指して取り組んでいく予定です。 メンバーが増えて、プログCLUB内で対抗戦ができたら良いですね!